ひのき屋のマネージメント

イベント主催者・文化事業ご担当のみなさまへ

ひのき屋ライブのご相談やご依頼は、弊社までご連絡ください。
公共ホールにおける一般・高校の芸術鑑賞事業、体育館における小中学生向け芸術鑑賞教室、および各種イベント等の演奏を承ります。会場規模と設備、対象年齢と人数、開催地によりお見積もりをいたしますので、まずはお問い合わせください。
写真やプロフィール等の宣伝素材は、データにてお渡しいたします(ウェブサイト等の無断複製はご遠慮ください)。また、検討の際の資料として、簡単な紙資料やサンプルDVDもご用意できますので、こちらもお気軽にご請求ください。

ひのき屋・わいわい音楽隊!

幼保園】幼稚園児・保育園児を対象とする音楽公演では「音楽をきっかけにイメージを豊かにする」ことを目標にしています。「ピエロ」「づっつき節」といった歌の演目も人気を博しています。公演をとおして、普段から音楽に親しみ、歌を歌ったり、リズムで遊んだりする楽しさを味わうことができます。
小学生】小学生を対象とする音楽公演では「子どもたちの豊かな感性を直接刺激する」ことを目標にしています。例えば「まねっこ遊び」「ピンポン球実験」といった参加型の演目を通じて、子どもたちに心から「楽しい」と思ってもらえる公演を行っています。常に笑顔が絶えない公演であり、子どもたちは「ねぶたのお囃子」「フォークダンスで踊ろう」といった演目で、ありのままの自分を表現しています。和楽器のほか鍵盤ハーモニカなど身近な楽器を使った演奏も、子どもたちの心をつかんで離しません。子どもたちとの心あたたまる交流、そして出会いから生まれた感動が、地域の伝統や異国の音楽に対する愛情を育みます。
特別支援学校】特別支援学校を対象とする音楽公演では「主体的な公演の参加を通じて客席が一体感を得る」ことを目標にしています。

ひのき屋・トラベリングバンド

中学生】中学生を対象とする音楽公演では、「感じたことを声や身体で表現する」ことを重視しています。伝統の音楽に身構える関係ではなく、オリジナル曲や身近なメロディーを交えた演奏で、まずは生徒と音楽との距離を近づけます。演奏や体験を通して校内がまとまっていくことも大切です。これまで数々の公演で生徒たちを盛り上げてきた「まねっこ太鼓」「フォークダンスで踊ろう」といった演目は、音楽を通じて一体となる喜びを感じさせます。こうした表現活動を行うことにより、異文化に対する理解を深めたり、様々な進路の可能性を感じることができます。この多感な時期に聴いた曲は、その後の人生に大きな影響を与える場合があります。これまで海外のフェスティバルで人々を興奮に巻き込んできた曲の数々と演奏は、生徒の期待に対して十分に応えることができます。
高校生】高校生を対象とする音楽公演では「興味関心→体験→批評」という流れを重視しています。具体的には、海外の貴重なプロジェクト映像と伝統曲のコラボレーションを通じて、まずは生徒と緊密な関係を築きます。また、和楽器に触れたりその場でできるフォークダンスなど飽きのこない演出で、生徒に体験の機会を設けます。演奏をきっかけに地域の伝統や異文化について考えたり、表現活動に関する様々な可能性や進路を感じることも重要です。これまで海外のフェスティバルで人々を興奮に巻き込んできた曲の数々と演奏は、生徒の期待と批評に対して十分に耐えることができます。

ひのき屋・お祭りワールド(2014〜)

一般】お祭り的な舞台演出で、大人と子どもをつかむ内容。これまで国内外のさまざまなフェスティバルで演奏。横笛の息づかいや太鼓の振動、そしてギターと鍵盤ハーモニカのメロディーが融合する、情緒的・躍動的な音楽が特徴です。野外ステージから公共ホール、レストランからカフェバーにいたるまで、あらゆる大きさの会場をお祭りで満たします。

公演取引基本約款

公演契約の際は、弊社公演取引基本約款に同意していただく必要があります。
約款はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

ひのき屋に関するお問い合わせはお問い合わせフォームにて承ります。経験豊富なスタッフがアドバイスしますので、お問い合わせください。
取材のご依頼も弊社までお寄せください。